借金によって変わってしまう未来

お金を借り入れるのは悪いことでもなんでもありません。
個人向けのローンからお金を借り入れる人もいるでしょうし、事業主のためのローンがないと事業が回らないという事業主も多いはず。
個人向けのローンでお金を借り入れて、これを現在返済している方も多いはず。カードローンでお金を借り入れるのは思っている以上に簡単。申し込めばその日のうちにお金が手に入るので、問題なくそのお金を使って目的を果たすことができるでしょう。
しかし問題はその後です。果たしてあなたはその借り入れたお金、そしてそれによって発生した利息。これらを合わせて返済することができるでしょうか。


■□■借金によってふりかかる災厄■□■

お金を借りた直後はよかったのです。
あなたは借り入れたお金。昨日まではなかったそのお金を手に入れて大変満足げに笑っていたことでしょう。でもその借金によって苦労するのはその後。
返済が追い付かなくなるのはかなり危険です。借金で苦しむ人というのはつまり返済が追い付かなくなり苦しんでいるということ。
極端なフィクションの話をすると、法律を守らないキャッシングを行う悪徳金融業者からの借り入れを行って、それを取り立てられた人。でも返せるお金がない。その時返済のためといってとられたのはその人の肝臓だった…。そう臓器がどこかに売り飛ばされるのです。
なんていうのはフィクションの話ですが、それくらい返済に滞ってしまうのは危険だと言ことを言いたかったのです。
これは極端な話だとしてもそれなりの災厄がふりかかる覚悟をしておきましょう。


■□■返済を進めるしかない■□■

借り入れたお金。そして発生した利息。これらを返済するためせっせと返済を進めるしかありません。
コツコツと確実に返していればいつか辿りつくはずです。返済完結という明るい未来。そこに。
そのために必要なら債務整理。借り換え。いろんな手立てを探して行いましょう。

■□■関連サイト■□■

カードローン借り換えガイド・・・・多数のカードローン利用しているのであれば、1つの業者へ借り換えて金利を減らしましょう

借金を繰り返さずに日々の暮らしを整える方法とは

今お金がないからと言って一年後のことも一ヶ月後のことも頭になく借金をしてしまうと最終的には借金を返済するために新しい借り入れをすることになってしまいます。私は物欲にかられてクレジットカードで買い物をしてしまったりキャッシングをしてしまったりしました。計画的に利用するのであればこれほど便利で役立つアイテムはないのですが、一度返済が頭にない状態でお金を借りてしまうととんでもないことになってしまいます。


●借り入れに麻痺する状態について

カードで買い物をしたり現金をキャッシングしたりすると手元にあるお金ではないのに自分がお金持ちになった感覚に陥ることがありました。それが典型的な借り入れ麻痺です。お金を借りるということは将来入って来る自分のお金を前借りしているということなのに、今懐が温かくなったからと油断してしまうという状態です。それはとても危険であり将来必ず借金を繰り返し返済するために借り入れをするという状況に陥ってしまうことになります。


●今の借金を見直して生活にゆとりを持たせる方法

今自分が持っているカードなどを常に持ちたいという気持ちはわかりますが毎月の返済が追い付かないのに借金を繰り返しては全く生活にゆとりがない状態になってしまいます。借り換えを行って自分の借入総額が減ったのをいいことにまた借り入れをおこなっては元の木阿弥です。繰り返しカードを使ってしまうのであればカードは家族に管理をしてもらい、自分できっちり返済が完了するまで借り入れをするのは控えましょう。

借金を減らす他の方法について

前回借金を借り換えることによって返済総額を減らすという方法をお話致しましたが(>>>借金を減らすための手段について)借り換え以外にも現在の借金を減らす方法があります。

今回はそんな借り換え以外におすすめの複数借金がある時の返済総額を減らす方法についてお話致します。


●借金を減らすおまとめローン活用法

今複数の金融機関からお金を借りているという方に利用して頂きたいのがおまとめローンという金融サービスです。これは銀行でも消費者金融でも関係なく現在の借入金を一つの会社にまとめるという方法で金利が低い金融機関でまとめることにより借入総額を減らすことが出来るという金融サービスなのです。


●一つにまとまることで管理も簡単になる

おまとめローンでもう一つおすすめなのが面倒だった管理がすっきりして簡単になるという点です。複数の金融機関で借り入れを行った場合は返済日や締日も全てバラバラになってしまいます。毎月給料が入った際にそれぞれの支払日にそれぞれの口座に対してお金を用意すべく入金することになるのです。明細も複数になり管理する口座も複数になるのでお金を借りる度に管理が面倒になってしまいます。そこでおまとめローンを使い一つにまとめることで管理も簡単に返済することが可能になります。
借入総額も減り管理も簡単になるおまとめローンでご自分の返済計画をより単純かつ明確なものにしましょう。

借金を減らすための手段について

計画をきちんと立てなければ自分の収入が一定だとしても月の支出との兼ね合いがとれず借りたお金の返済にお金をあてがう余裕がなくなってしまいます。突発的な出費で簡単にクレジットカードを利用するという方も今は多い世の中ですが次の支払明細が手元に来たりWEB明細で確認をしたりした際に大きな額になっていてビックリしたという方も沢山いらっしゃいます。
計画とは自分が借り入れをした時にそのお金をどう使うのかではなく借りた後にどのように返済をしていくのかというものです。


●借金を換えるとは一体何なのか

借りたお金というのは基本的にその金額プラス借入期間に比例した金利が付与されて返済総額となり自分が最終的に返済すべきお金となります。その金額はほとんどの場合返済完了までそのままとなりますがその返済総額を減らすという方法があります、それが借金の借り換えです。


●金利が安ければトータルの返済額も減る

借金の借り換えとはお金を現在借りている金融機関とは別の金利が更に低い金融機関から一度その借金分のお金を借り入れし現在の金融機関に全額返済します。そして金利が低い金融機関に今後お金を返済していくという仕組みです。高額の借入金を同じ期間返済していくとたった数%の年利の違いで返済総額は大きく変わるのです。
今現在自分の借金にお困りの方は是非一度借り換えという手段を視野に入れてみて下さい。

借金をするということについて

お金を借りる時に自分の頭にあることはとにかく現状を打破するためのお金が必要だという気持ちと、今後返済が始まる借金への憂鬱な気分でした。私がお金を借りることになったキッカケはあるセミナーに参加するために必要なお金を手に入れるためでしたが、実際は別の金融機関でもクレジットカードを作り自宅で出来るエステ器具を買ってしまったこともあるなど自業自得で借金は増えていったのです。


●今だけを見て借金をしてはいけない

今の私は借り入れを行うことで返済も苦痛ではなくなり毎月支払日にはお金を準備することが出来ていますが、自分で雪だるま式に借入額を増やしてしまった時には返済を待ってもらうための電話やインターネット上での返済日変更対応など今この瞬間をどう回避するかということだけで毎日が過ぎていきました。
セミナーは先輩に誘われたものであり美顔器も友人に誘われたものですが最終的にお金を借りてまでそこにお金をつぎ込む決心をしたのは私自身であり私自身の責任です。ただ目の前のものだけに囚われて後先考えずにお金を借りてしまったのが私の最大の落ち度でした。


●返済に必要なのは一にも二にも計画性

そんな私を救ってくれたのが現在の借り入れよりも低金利の金融機関で借金を組みなおすという借り換えでした。返済を滞らせ首が回らない状況になってしまった私は自己破産も視野に入れていましたが、借り換えのおかげで毎月の返済額は少なくなり更に返済総額も減らすことが出来たのです。